不動産投資信託で薔薇色の人生に早変わり!

不動産収入を得る方法

集合住宅

マンション投資が不動産投資の方法としてあり、専門的な業者が存在していることから、サラリーマンなどのように本業がある人でも始めやすいことが人気の理由です。業者に依頼をすれば、マンション投資の物件の紹介や管理を任せられます。

もっと見る

賃貸経営のリスク回避

紙幣

賃貸経営では賃貸物件を貸し出すことで利益を得るというものですが、借り主が素直に家賃を払ってくれる人ばかりとは限りません。家賃保証では、不動産会社などが借り主を保証するというもので家賃の回収から滞納した場合の代位弁済までを行ってくれ家賃回収のリスクを軽減することができます。

もっと見る

区分投資を賢く行うために

講義

投資初心者がマンションの区分投資を始める場合は、不動産投資セミナーに参加し、必要なノウハウを身に着けていくと良いでしょう。セミナーの中身は無料か有料かによって性質が変わってきますが、どちらも有益な情報を得ることができます。

もっと見る

手間がかからない運用

硬貨

賃貸がメイン

安定した収入を長期にわたって確保したいというニーズに応えられる投資商品があります。それは上場不動産投資信託です。現在、上場不動産投資信託の平均分配金利回りは4%近くあります。10年物国債利回りがマイナスとなっている中、4%という利回りはかなり高い水準といってよいでしょう。しかも、分配金の支払いは比較的安定しています。これは上場不動産投資信託の仕組みにあります。上場不動産投資信託はオフィスビルやマンションなどの収益物件を保有して、賃貸経営を専業とします。収益物件の回転売買や開発をして利益を上げているわけではありません。そのため、急激に利益が増えることもありませんが、大きな損失を出す可能性も低いのです。

分散投資効果がある

また、どの銘柄も多くの収益物件を保有しているので、空室リスクの分散効果が発現しています。個人で投資用ワンルームマンションを1戸でも買おうとすると1000万円から2000万円もの投資資金を用意しなければなりません。しかし、上場不動産投資信託であれば、1銘柄を購入するだけで複数の物件に投資をしているのと同じ効果を得られます。しかも、上場不動産投資信託は1口当たり数万円から数十万円程度で購入することができます。100万円あれば、複数銘柄に投資をすることも可能であり、さらに分散投資効果が高まります。日々の運営管理は運用会社が行ってくれるので、投資主が家賃の設定に悩んだり、リフォームを検討したりする必要もありません。