賃貸経営のリスク回避|不動産投資信託で薔薇色の人生に早変わり!

不動産投資信託で薔薇色の人生に早変わり!

賃貸経営のリスク回避

紙幣

賃貸経営のリスク回避

不動産投資の方法としては賃貸経営が一般的なものですが、賃貸経営にはさまざまなリスクが発生します。このためリスクを回避するための方法がいくつか登場しており、そのひとつが家賃保証です。賃貸経営では、入居者が賃料を払ってくれることによって成り立ちますが、すべての人が必ずしも家賃を素直に毎月払ってくれるわけではありません。このため家主の仕事として家賃の取立がありますが、家賃の取立をするにも上手くいかないケースもあります。何よりも夜逃げをされると、その分の賃料は回収するのは困難です。家賃保証では不動産会社が部屋の家賃を保証する仕組みで、入居者の家賃の回収やトラブル対策を代行で行ってくれるもので、また滞納が発生した場合には代位弁済を行ってくれ、リスクを回避することができます。

メリット

家賃保証を利用するメリットとしては、家賃の回収、トラブル対策、また滞納した場合にも支払われるという点です。家賃の滞納に対しては、これまで連帯保証人が行ってきたもので、連帯保証人には親族など身近な人物がなるのが一般的でしたが、核家族化や親族とそもそも親元から離れて暮らしているといった場合には適切な連帯保証人を見つけることが困難になっています。特に信頼できる親族が遠方の場合には連帯保証人としては不適切で連帯保証人になれないケースもあります。その点でも家賃保証を行う業者を中間に入れることで貸主は家賃に対するリスクを回避することができますし借主も部屋を借りるのに必要な連帯保証人を見つけなくて済むなどのメリットがあります。